日本の神様

2015.01.30 Friday

0
    先週末はjam house天照@駒沢大学、E Masala@中央林間、と回って来ました。
    両日ともにJataDhari(タブラ)、山田まや(ダンス)と三人で。
    jam houseでのイベント【月虹夜〜gekkouya〜】の映像が出来上がったみたいなので載せます。
    この日は二足の草鞋です。アマヤドリ食堂スタッフとしてもちらっと登場です。

    この日は他に、Genzさん、そしてダンサーLYLAさん、Sakuyaさんも出演しました。
    みなさまお疲れ様でした!
    なかなか楽しいイベントになり、楽しい夜でした。
    またの機会を楽しみに♪




    翌日のE Masalaさんでのディナーショーは3回目。かな。笑
    いつもいつも美味しいカレープレート付きで準備して下さるお店の方、本当にありがとうございます。
    写真がないのが残念ですが、本当に美味しいネパール料理です。
    みなさまぜひ足を運んでみて下さい♪

    この日はお店で扱っているスパイス達を購入。さっそく日々の料理に活躍中です。
    スパイスを探している方もぜひ。色々なスパイスがリーズナブル購入出来ますよ。

    こちらもまたの機会をお楽しみに♪



    さて、明日からは神奈川2daysです。
    30@横浜Art Baboo146 (Save the art)
    31@鎌倉あじあんきっちん Soraya
    詳細はこちら

    30日はおなじみ元ちゃんと、そして31日はmojoさん、そしてLYLAさんと。
    どちらも初めての場所とお店となので楽しみです。
    大雪の予報が出ていますが、今のところは決行します。
    ご来場の際は何卒怪我などされないように注意を払って下さいな。


    最近、世の中の動きがとても不穏です。
    本当にこのまま戦争に入っていくのか。
    気づいた頃に、「あれ?この国戦争してない??」ってなってもおかしくない。

    自分の目で見たこと、耳で聞いたこと、肌で感じたこと、脳みそで考えたこと、第6感で感じたこと、それを素直に曇りない心で受け止めていきたい。
    一時的な感情論ではなく、マネーゲームでもなく、この地球で起きていること。

    イスラム過激派と言われる人々。
    確かに過激な行動をとることもあるかもしれない。
    しかしそれは誰にでも潜んでいる心の暗い部分の現れであり、誰しもが持ち得る性質。
    キリスト教は長い歴史の中で、不況の名の下、他国を攻め入り虐殺したこともあった。
    世界から消えてしまった人類がいることを知っていますか?南米大陸の先端にその部族はいたのだが、先進国の文明の押しつけにより絶滅してしまった。

    過激なのは宗教でも宗派でもなく、人間そのものの心の中にこそある。
    それをよく理解し、他人を愛すること、それが人間に残された生き残る道なのではないか。
    お金は溜め込んでも良いけれど、愛情はどんどん使っていこうぜ!って話。


    安倍総理以下政府、官僚、政治家の皆様

    正しく賢明な判断と人命の最優先、そして武力の放棄をお願いします。
    そもそもこの国は他国にどうこうしてる場合じゃない。
    福島原発に全力を注いで下さい。
    未だに仮説に住まう日本人のために動いて下さい。
    放射能汚染から避難したい人たちのために動いて下さい。
    誤摩化すことはもうやめて下さい。
    食べて応援したいなら議員のご飯へどうぞ。
    全量買い取りしたら農家のみなさん、漁師のみなさんも救われる。
    海産物が食べたいだけ。
    山菜が食べたいだけ。
    きのこが食べたいだけ。
    海で泳ぎたいだけ。

    放射能は要らない。
    原子力は要らない。
    核は要らない。
    そんなことも分からない経済界、政治界のみなさまは要らない。

    自分の心に手を当てて良心に問い正して下さい。
    これで良いのか、と。

    そして自分の財を愛するように隣人を愛して下さい。


    ここ山梨は今日も富士山が綺麗です。
    日本の女神。天照。


    合掌。




    JUGEMテーマ:音楽

    スポンサーサイト

    2017.02.19 Sunday

    0
      コメント
      参考にさせていただきます!
      SEOや特別な知識がなくても
      ブログのアクセスが上がる方法をお教えします。
      良かったら遊びに来てください♪
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL