2016年山梨県北杜市議会議員選挙〜栗谷真吾34歳立候補〜

2016.11.11 Friday

0

    今週末、山梨は北杜市議選挙があります。

    北杜市は移住者も増え、全国的にも人気のある土地。

    日本一の日照時間を誇る明野村はじめ、八ヶ岳山麓に広がる壮大な自然と綺麗な水があります。

     

    近年は、原発事故の影響もあり、ソーラーパネルが大量に作られ始めました。

    原発よりはマシ、、かもしれないけれど、自然を破壊して行っている点では似たり寄ったり。。

    そうではなく、エネルギーを極力使わない方向にシフトする、という選択がなぜ取られないのか。

    水源や自然が破壊され始めています。

     

    もちろん必要な人・場所には必要な分のエネルギーが必要な訳で。

    病院、介護施設、等。

    しかしながら、やはり不必要なエネルギーが蔓延しており、そこを削る努力をしていかなければいけないんじゃないかなーと切に思う訳です。

     

    一人一人の生き方が左右するエネルギー問題。

    一人一人の生き方が問われて来る現代社会。

     

    そしてそんな社会の中で、政治というものも僕らの生活には密着している。

    驚く程に切り離された社会と政治。

    しかし、本来は同質のものであるべき2者がかけ離れた様な、空中分解を起こしてしまっている様な状況。

    これらを結びつけない事には先には進まない。官僚主義、経済至上主義。

     

    そんな中、今回の福寿議会議員選挙に友人が立候補しました。

    【栗谷真吾】くん。

     

    彼との出会いは、とある使われていない箱を生かそうという話から始まりました。

    ミーティングの時にはじめまして(僕は初めましてだったのですが、彼は僕の事を認識していました。ミュージシャンあるあるです。笑)、だったのですが、話をしていると表裏の全く無い人柄だなーと。そして欲もあまりない。

    お店を運営するということは、やはり資金が多少なりとも必要な訳で、そしてそこをどう回して行くかが一番の要。

    具体的な話をして行く中で、彼は、

     

    「資金は僕が出してもいいです。儲けたい訳じゃなくて、場所を作りたいんだ。みなが集まって、そこには何でもあって、色んな情報が手に入って、そういう場所を作りたい。アジアのマーケットみたいな活気ある場所を。」

     

    そんな事を言っていたのを覚えている。

    そして、お店を運営するに当たって資金は自分がどうにかします、って言う彼の人柄と想いが確かなものなんじゃないか、と初対面ながら感じました。

    口では立派な事言うけれど、実際蓋を空けてみたら全然違うじゃねーか、ってのは良くある事。僕も経験あります。

     

    真吾くんとは、結局お店を運営することはなかったけれど、色々あり話自体が流れた、その後も交流は続き、そして今回の立候補。

     

    彼を全力で応援します。支持します。

     

    北杜市在住の皆様、ぜひ彼の応援をお願いします!

     

    未来を託せる若者を議会の場に送り出しましょう。

     

    面白くなるはずです。

     

    金はないけど(笑)、行動力は最高にあります。仲間もたくさんいます。

    何より熱いハートがあります。

     

     

    真吾くんの活動等、情報あります。チェックしてね!↓

    ENZA-暮らしと政をつなぐ集い-

    http://enza100000.blogspot.jp

     

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    スポンサーサイト

    2017.02.19 Sunday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL